Beverly Hills, 90210

ここ最近は日本のドラマをよく見るようになりましたが、以前は海外ドラマにはまっていた時期がありました。
その中でも一番好きな作品で、海外ドラマ好きの人、海外ドラマを見た事の無い人、全ての人に勧めたいのが「ビバリーヒルズ高校白書」です。

日本ではNHKで1995年頃から放送されていました。
ちょうど自分自身も高校生の頃になります。記憶では日曜日の午後11時頃からの放送だったように思います。

当時は海外ドラマというものの存在も知らない程だったのですが、たまたまチャンネルを変えていたところ、聞き覚えのある声が聞こえた為、なんとなく見始めたのがきっかけだったと思います。

ビバヒルの吹き替えを担当していた声優さんが有名な方達ばかりで、どちらかというとそちら目当てで見ていた感もあります(この頃はアニメにはまっていました)
シーズン1の途中から見始めたので、人物の関係とかは全く分かりませんでしたが、基本的に1話完結でストーリーが進んで行く為、わりとすぐに馴染む事は出来ました。

ドラマの世界がちょうど自分の年齢と一致していた事、アメリカの高校生ライフ(ビバヒルはセレブの街なので特殊です)とのギャップへの驚き、思春期ならではの悩みや問題。
日本では中々取り上げにくいテーマを題材にしてくれているのも、凄く興味深くて夢中になりました。

登場人物も個性豊かで色んな悩みを抱えながらも、それぞれが少しづつ成長していく。本当に見ていてどんどんストーリーに引き込まれていく素晴らしいドラマです。
高校が舞台のドラマなので当時のキャストの実年齢も色々と話題にはなりましたが、自分はそこまで違和感は感じませんでした。

当時も今で言う「推しメン」のようなものがありましたが、自分はブレンダ推しでしたね!
周りは圧倒的にケリーちゃん推しが多かったです。けっこう見ている人は多かったかな。
女性目線だとやっぱり、ブランドンとディランで分かれるのかな?

シリーズはシーズン10まで続きましたが(シーズン4からは青春白書)やはりシーズン3までの高校白書は歴史に残る名作だと思います。
ビバヒルから始まり、色んな海外ドラマを見てきましたが、高校白書を超える作品は自分の中ではありません。それだけ記憶にも心にも響くドラマです。

まだ見た事のない方には是非とも見てもらいたい作品です。
自身が高校生だった頃を思い出しながら見るのもいいと思うし、今現在で中高生・大学生の方達には、よりリアルに自分と重ねて見れるので、凄く共感出来る部分もあり楽しめると思います。

本国で放送開始されたのがもう30年前にもなるので、少し古さは感じるかもしれませんが、自分世代は懐かしさを。現役世代は逆に新鮮に感じるかもしれません。

ビバリーヒルズシリーズのオープニング、やっぱこのイントロ聞くだけで心が躍ります!自分は5分37秒~のシーズン1?のオープニングが一番好きですね!



応援よろしくお願いします!
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。