コロナ収束を願って

9月4日。去年の今頃は日本で一番高い場所にいました。

漠然と人生で一回は富士山に登ってみたいという思いがあり、去年新年号に変わったのをきっかけに、初めて富士登山に挑戦しました。

普段ジムで筋トレをしているので体力には自信があったのですが、その自信をことごとく打ち砕られる程に辛かったです。
あまりの辛さに気持ちが折れかけそうにもなりましたが、山頂からの御来光、最高峰である剣ヶ峰に立った時の達成感、充実感。

人生で一回登ったらいいかなぐらいに思っていたのに、下山の途中にはまたこの場所に戻ってきたいという気持ちになっていました。
登っている最中はあんなに辛かったはずなのに。またこの場所に戻ってきたいという気持ちにさせる、不思議な力が富士山にはあるのかもしれませんね。

そして今年も富士山に登るつもりでいました。
ですが今年はコロナの影響により、5月にはシーズン中の富士登山ルートの閉鎖が決定しました。今のこの状況では仕方のない事だと思います。

歴史の中でもシーズン中の登山ルート閉鎖は初めての出来事みたいです。
現状は一時期に比べると落ち着いてはいますが、根本的な解決策が無い以上、まだまだ厳しい状況は続きそうです。

来年こそは富士山頂からの御来光を拝める事を願って。
こちらは去年(令和元年9月4日)の富士山頂からの御来光です。

令和元年9月4日、富士山頂御来光



応援よろしくお願いします!
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。