あると便利な小物

新しく波乗りにチャレンジしようと考えている人や、まだまだ日が浅い人向けに、持っていくと便利な物をいくつか紹介してみようと思います。

また、全国各地に様々なポイントがありますが、初心者の方向けに管理駐車場もお勧めしたいので、その理由も合わせて書いていきますのでご了承下さい。


・管理駐車場


管理駐車場とは、ビーチに隣接していて食堂や売店、シャワー等があるサーファーや海水浴客にはありがたい施設です。
ショップが運営している所は、レンタルやスクールを実施している所もあります。
場所によって駐車料金は違うと思いますが、自分の行っている所は1000円/1日です。

管理駐車場をお勧めしたい理由は、防犯目的・食事・トイレやシャワーなどの衛生面・波待ち時の休憩・情報交換・非常時の対応の充実によるものです。

管理駐車場の無いポイントでは、波乗りから帰ってきたら車上荒らしにあっていたり、傷を付けられたという話も聞きます。近くにトイレが無い事も多いです。

持っていくと便利な物は、サマーベッドとキーボックスです。
サマーベットは波待ちで時間が空いてしまう時に、駐車場で休む時(混雑時はダメ)に使用し、日光浴するのに重宝します。

次にキーボックス。
車のキーは駐車場のオーナーに預ける事も出来ますが、これを使うとミラーやドアノブの所に引っ掛けておく事が出来ます。
自分はオーナーが不在の時はこちらを利用してます。

※必ずキーレスの電波を遮断出来るものを使用して下さい!実際に確認も!


・水分も忘れずに


ビーチに行く時は出来るだけ荷物を少なくしたいですが、スポーツドリンク程度はあるといいかもしれません。

自分の場合、一度海に入ると帰りまで駐車場に戻らない事も多いので、保冷バッグにドリンクを入れて持っていきます。
最悪盗難にあっても、数百円程度で済むようにはしています。過去に盗難にあった事はありませんが、カラス?に荒らされた事はあります(中身は無事)

水の中にいるとはいえ、熱中症対策として水分もしっかり摂っておく事が大事ですから。ドリンクと一緒に軽食を入れておくのもお勧めです。


・今何時!?


海に入っている時にあると便利なもの。自分の経験上持っている人は1割にも満たないのでは?と感じます。

それは時計です。着用している人を本当に見かけません。これがあるのと無いのとでは気持ちの面で全然違います。
海に入ってからどれぐらい経つのか、潮の動く時間の把握とか。帰り支度の事も考えて、何時に上がればいいのかなど、時刻が気になる場面は多いです。

実際に時計をしていると「今何時ですか?」と非常によく聞かれます。
ただ、どうしても時計をしていると日焼け跡が残りますが、特に気にならないのであれば、着用する事をお勧めします。




応援よろしくお願いします!
↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。